行く面積
メーンメニュー 行く
本文 行く

定額制Webサイト制作・メンテナンスサービスマルっとホームページ

丸投げも、自社編集も自由自在!

ブログ

Webサイト・ホームページ制作、保守サービス「マルっとホームページ」のブログです。
制作・運用・保守を検討している方々に役立つ情報や、マルっとホームページの中の人の情報などを発信しています。

SEO対策は丸投げできる?

2019-12-26 14:30:37

SEO対策は、有料の被リンクサービスで検索順位が比較的簡単に上がる時代もありました。しかし、Googleの文章解読アルゴリズムが賢くなり、これまで有効であった対策も今では効果が無くなっています。

現在は検索者にとって有用な情報があるかどうかが上位表示の重要なカギになっています。有用な情報があるサイトは上位に表示され、検索者は容易に有用な情報を手に入れることができる。つまり、本来あるべき「人」を重視したコンテンツSEOが現在の主流となっていますので、良質なコンテンツ作成に注力する必要があります。

では、Googleに評価される有用な文章はどうやって作ればいいのでしょうか?

① 他のサイトからコピペする

一番簡単な方法のようですが、絶対にやってはいけません。順位が下がるどころか、最悪の場合、ペナルティを受けて検索結果に表示されなくなってしまいます。そもそも、文章に限らず、図や画像も、著作権フリーのサイトを除き、ほかのサイトから無断でコピペすると、著作権侵害になりますのでやめましょう。

② コンテンツライターに依頼する

コンテンツライターに有料で依頼する場合、費用を重視するあまり単価だけで選んでしまうと後悔するでしょう。逆に、費用が高いからといって安心して任せられるわけでもありません。テスト的にSEOキーワードを指定して1000文字程度のコンテンツを作ってもらうなどして、業界知識と経験がある方を自分の目でしっかり選ばなければ、必要な文字数はクリアしても、トンチンカンな内容の文章を納品されるケースも少なくありません。結局、楽をしたつもりが校正に時間をとられ、「こんなことなら最初から自分で書けば良かった」となってしまうでしょう。

③ 自分で書く

コンテンツライターがお客様からヒアリングして調査、想像しながら、それなりの文章作成は可能でしょう。しかし、仮に検索順位が上がりSEO的に成功したとしても、読んだ人が興味を持てない凡庸な内容しかなければ、すぐに離脱してしまいます。それなりの文章では、検索順位を上げて、露出を増やし、興味を持ってもらうという本来の目的を達成できないのです。

伝えたい思いを自分の言葉で書く

アピールしたい製品やサービスに詳しく、日々その業界に携わっている人でなければ知り得ない、専門的な情報や、活きた情報に価値があります。業界知識と経験がある人が、「伝えたい思い」を持って書いた文章は強く読み手を惹きつけます。

ユーザー目線で書く

読み手はヒントとなる情報や答えを探しています。読み手が何を求めているのか考えながら、その答えや周辺情報に関連するキーワードを散りばめながら、経験した人でないとなかなか知ることができない情報を言葉にすれば、興味を惹くコンテンツになることでしょう。

簡潔な文章と直観的なイメージ

可読性を上げるために簡潔な文章を心がけましょう。文字の大きさや色を変え、直観的にイメージさせる図や画像および、目次やまとめを追加すると、さらに見やすい魅力的なサイトになるでしょう。

重要なポイントは、読んだ人のためになるか良く考えることです。できるだけ早く必要な情報にたどり着かせ、読みやすい形で情報を提供することが重要です。コピペはNGですが、検索上位サイトを参考にすることは良い勉強になるでしょう。そこには上位表示されるだけの様々な工夫が詰まっています。しかし、オリジナリティを忘れないでください。

SEOに強いコンテンツイメージ

集客したい!露出を上げたい!というお客様は一度ご相談ください。一緒にSEOに強く、読み手に響くサイトを作っていきましょう。